育毛剤によくある「医薬部外品」「薬用」というのは?

育毛剤を見ると、たいてい「医薬部外品」とか「薬用」とか記載されていますが、これってどういう意味をもつものでしょうか。

一般的なスキンケア用品は薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)によって、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類されています。

これは、効果・効能の範囲による分類です。

まず、医薬品は、病気の治療を目的として医師による処方の下で管理される薬で、臨床試験を経て病気の治療や改善する効果が認められているものです。

配合成分やその分量、1回の使用量、使い方などが決められており、効果や安全性、副作用を厚生労働大臣や都道府県知事が認めたものです。

簡単に言うと、効果がきちんと裏付けられているものということです。

次に、医薬部外品ですが、これは医薬品よりも効果が緩やかなものです。

厚生労働省が許可した効用のある成分が一定の濃度で配合されていますが、医薬品と違って病気の治療効果は認められないものです。

つまり、大部分の育毛剤は医薬部外品に該当しますが、法律上は、髪の毛が生える効果の保証がないというものになります。

「薬用」と表示されているものもこの医薬部外品にあたります。

注意しておきたいことは、この医薬部外品には粗悪な製品も多いということです。

根拠のない育毛作用を謳い、適当な成分構成で製品化しているものも実際にはかなりあるのです。

最後に化粧品ですが、これは医薬部外品と比較しても、さらに効能や効果が緩やかなものです。

育毛剤で化粧品に分類されるものになると、単に清潔にする、美化する、魅力を増す、髪の毛を健やかに保つなどの目的でしか使用されないものになってしまいます。

医薬部外品の育毛剤にも注意が必要ですが、有効成分が少ないために医薬部外品にならず、化粧品にしかならない育毛剤にはより一層の注意が必要になります。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする